■鳥人戦隊ジェットマン■
1991/02/15〜1992/02/14
全51話

鳥人戦隊ジェットマン
地球防衛軍スカイフォース
レッドホーク
ブラックコンドル
イエローオウル
ホワイトスワン
ブルースワロー

キャラクター
テクニック
メカニック
ロボット

放映リスト
参考文献
スタッフリスト

鳥人戦隊ジェットマン

【戦隊】 ちょうじんせんたい じぇっとまん

「鳥人戦隊! ジェットマン!」
鳥人戦隊ジェットマン
地球防衛軍スカイフォースの人工衛星アース・シップで研究されていた「J・プロジェクト」。
それは、太陽系第10惑星で発見された新元素バードニウムを基に造られた新エネルギー「バードニックウェーブ」の実験であった。バードニックウェーブを浴びた人間は、常人をはるかに超えたパワーを持つ戦士「ジェットマン」になれるのだ。

だが、実験中、『次元戦団バイラム』の襲撃によって、アースシップは爆散。そのショックで、バードニックウェーブは、スカイフォースの隊員であった天堂竜以外、まったくの民間人に照射されてしまう。
アースシップから生き残った小田切長官と天堂竜は、偶然から戦士となってしまった4人の若者たちを探し集め、鳥人戦隊を組織した。
1人の戦士と4人の民間人によって結成されたのが、『鳥人戦隊ジェットマン』である。


地球防衛軍スカイフォース

【組織】 ちきゅうぼうえいぐん すかいふぉーす

地球の衛星軌道上に浮かぶアースシップから、24時間体制で地球の安全を監視している防衛組織。
暴動やロボットの暴走などの非常事態が発生すると、地球の各地で待機している各隊員に通達されて、素早い現場処理を行い、地球の防衛に努めている。
なお現場の隊員たちは皆「スカイフォーサー」と呼ばれている。

アースシップ

【基地】 あーすしっぷ
地球の衛星軌道上に浮かぶ、地球防衛軍スカイフォースの人工衛星であり、スカイフォースの中枢を成す巨大要塞。地球を監視することが主な目的であるが、内部には各研究施設が設備されており、「J・プロジェクト」や兵器開発などの研究が進められていた。
しかし、侵略を開始する次元戦団バイラムの宣戦布告によって、見せしめのために破壊されてしまった。

J・プロジェクト

【計画】 じぇい・ぷろじぇくと
新元素バードニウムの研究を進めていた小田切長官の指示のもと、バードニックウェーブを浴びた5人の精鋭部隊を組織するために進められていたプロジェクト。
バードニックウェーブの照射実験中、バイラムの襲撃に遭って、研究計画自体は頓挫してしまうことになるが、一条総司令の指揮の下、「ネオジェットマン計画」へ移行していく。
スーパー戦隊クロニクル inserted by FC2 system